来夏の沖縄統一選に大勝利を

沖縄, 活動アルバム

* 党沖縄県本部が代表者会議
* 森本氏 公明新聞の拡大を強調

 来年の沖縄統一地方選挙に大勝利しよう――。公明党沖縄県本部(糸洲朝則代表=県議)は1日、沖縄県宜野湾市内で党県代表者会議を開き、遠山清彦参院議員を顧問とする執行部人事を発表し、来年夏の沖縄統一地方選挙の大勝利を誓い合った。白保台一衆院議員のほか、党本部から森本晃司党機関紙購読推進委員長が出席した。
 糸洲、白保の両氏に続いてあいさつに立った森本氏は、「公明党は連立政権の中で、確実に政治の質を変え改革の原動力となってきた」と力説。その上で、さらなる改革の前進のためには党勢拡大が不可欠であることを強調し、「公明新聞の拡大で来年の沖縄統一地方選挙を勝ち取ろう」と訴えた。
(公明新聞)