衆議院外務委員会質疑(平成30年3月9日)

デイリーメッセージ, 国会質疑, 外交問題, 安全保障

AI技術を導入した「自律型致死兵器システム(LAWS)」 への我が国の基本姿勢、「兵器貿易条約(ATT)」の評価と我が国の今後の取り組みについて、日ロ関係の改善についてどのような方針で望むのか、3点について質しました。

河野外務大臣から、完全自立型の致死兵器システムについては、「我が国として開発の意図はない」との答弁があり、兵器貿易条約については本年8月に我が国が議長国として開催される第4回締約国会議を通じて主導的役割を果たしたいとの決意表明がありました。