全建総連の大会で遠山氏

活動アルバム

* 公明の動き/医療制度、公平な改革進める

公明党遠山清彦参院議員は二十一日、都内で開かれた全国建設労働組合総連合(全建総連)の中央総決起大会に出席し、あいさつした。
 遠山氏は、景気低迷が続き、建設業界の受注量の減少が深刻になっていることを踏まえ「公明党は庶民の目線に立ち二次補正の編成に粘り強く取り組んでいく」と強調。
 また、同連合の多くの会員が医療制度の見直しに不安を抱いている点について「皆さんの意見をしっかり受け止め、被保険者だけが負担増となる改革ではなく公平な改革としていく」と語った。 
(公明新聞)