最新の投稿

衆議院法務委員会質疑(平成30年11月27日)

法務委員会で、外国人材の受け入れ拡大を図る入国管理法改正案について質問しました。

既存の枠組みで受け入れた外国人材と、新設される特定技能で受け入れる外国人材の違いを指摘し、その上で、両制度間での在留資格を変更することが可能であることを確認しました。

また、技能実習生の失踪を手配する、いわゆる「手配師」について、その行為が不法就労助長罪に該当し、しっかり検挙すべきであると主張しました。

お知らせ

更新情報をプッシュ通知できるようになりました

一部のOS、ブラウザ環境ですが、サイト更新のプッシュ通知ができるようになりました。 登録のお知らせや画面右下に「赤いベル」が表示された場合は、ぜひご登録下さい。 サイトが更新された場合に、そのお知らせが通知されます。