みなさん、こんにちは。明日、いよいよ今年の通常国会が開会します。すでに国会内では色々な活動が活発化していますが、気を引き締めてがんばりたいと思います!

<クルド難民問題で党PTを開く>
さて、前回のメルマガで予告したとおり、本日午後、公明党難民問題PTを開催し、クルド人親子の強制送還問題を中心に議論しました。会合は2部形式で、最初はUNHCR、弁護士、NGOのみなさんからヒアリングし、後半は法務省入管局幹部とやりました。内容については微妙な部分もあり、全て詳らかにはできませんが、要点のみ書きます。

前半部では、今回の送還の問題点を具体的に聞き取り、また日本に残された家族(母親、息子、娘3人の計5人)について今後どうするべきか、意見を伺いました。さらに、UNHCRの法務官からは、日本の難民行政が国連をあまり尊重していない根本的な問題等についても指摘がありました。