* 青年党員が研さん
* 党目黒総支部

 東京都目黒区の公明党目黒総支部(東野秀平総支部長=都議)は、このほど党青年局次長の遠山清彦参院議員を招いて「公明めぐろ青年フォーラム」を同区内の福祉センターホールで開催した。
 初めに、区議会公明党の俵一郎幹事長が6月定例会において「目黒区芸術文化振興条例」が、公明党の推進で成立したことを紹介。続いて東野総支部長が都政報告を行った。
 あいさつに立った遠山氏は、朝日新聞に投稿し、掲載された難民問題について説明しながら、難民政策の見直し案を提案し、政府に要望していくことなどを紹介。さらに今国会で審議している武力攻撃事態関連法案や個人情報保護法案、郵政公社化関連法案、健康保険法改正案について、それぞれポイントを説明、公明党の立場、考え方を紹介した。
 最後に同氏は「公明党は常に現場第一主義で、国民の視点で政治に取り組んでいる。今後も国際、外交関係の分野で頑張っていく」と決意を語った。
(公明新聞)