* 委員会質疑から
* 参院外交防衛委で遠山氏

 十一日の参院外交防衛委員会で公明党の遠山清彦氏は、難民認定業務の改善など日本の難民政策の見直しを求めた。
 この中で遠山氏は、難民認定業務に携わる調査官の多くが、不法入国を取り締まる入管業務と兼務していることに対し、難民支援活動に取り組む市民団体などから強い批判があるとし、難民審査のための第三者機関設置を主張。また、法相の私的懇談会として設置された出入国管理政策懇談会で、在外公館における難民申請受け付けや、受け入れた難民の処遇改善について議論するよう求めた。
(公明新聞)