私が超党派議連で立案に参画した「再犯防止推進法」が12月7日に参議院本会議で、また同様に私が党内で策定の責任者を務めた「養子縁組あっせん児童保護法」と「部落差別解消推進法」もそれぞれ9日の衆参本会議で可決、成立いたしました。

「再犯防止推進法」では、刑務所を出た人の自立更生支援体制の強化など再犯防止の取り組みに関し、国と自治体の責務を明記しています。東京オリンピック・パラリンピックを前に、世界一安全な日本社会を作る為には、日本の犯罪の6割を占める、再犯者による犯罪を減らさなければなりません。その基盤となる重要な法律です。

「養子縁組あっせん児童保護法」は、実親が育てることのできない子どもの特別養子縁組をあっせんする民間事業者を法的に位置付け、従来の届出制から都道府県による許可制に変え、悪質業者を排除するための法律です。日本では、要保護児童の約9割が家庭的環境で養育されていないという不幸な現実があります。「子どもたちの為に、変えなければならない」との思いで、自民党の野田聖子さんと一緒に10年以上取り組んできました。諦めず、地道な努力を継続して、法律が成立したことに感無量です。

「部落差別解消推進法」は、部落差別の解消に向けた教育・啓発を促進するとともに、国が自治体の協力を得て差別の実態調査を行うことを求める法律です。

立法府の一員として、これからも「光の当たらないところに光を当てる」議員立法に力を入れてまいります。