遠山清彦です。4月28日(月)、参院決算委員会で久しぶりに質疑に立ちました。40分間をめいっぱい使って主に舛添厚生労働大臣に質問しました。結論的に、舛添大臣には私の主張にかなり理解を示していただき、前向きな御答弁が多かったので、感謝しています。私が今回の質疑で取り上げたテーマは次の3つです。(1)障害者雇用促進策の中で、ジョブコーチ活用の弊害になっている制度の改善要求、(2)小児ぜんそくの問題で、ぜんそくの発作により死亡する子供の4割が死亡前1年間に医療補助対象外の「軽度・中度」診断を受けている問題、(3)国際養子縁組あっせん、国内養子縁組あっせんをめぐる諸問題について。