9月27日から10月1日まで、日本ウクライナ友好議連副会長として、超党派訪問団に参加し、首都キエフとチェルノブイリで活動しました。チェルノブイリ原発で核物質処理問題の難しさを実感。キエフでは、ヤツェニューク首相や、フロイスマン最高会議議長などと、多数の会談を行い、今後の日本ウクライナ関係の強化に資する議員外交活動ができたと思います。