遠山清彦です。6月23日は、沖縄慰霊の日。私は、毎年欠かさずこの日に、沖縄県糸満市の「平和の礎(いしじ)」で挙行される慰霊式典に参加しています。公明党からは、地元議員に加え、秋野公造環境大臣政務官(参議院議員)、かわの義博参院予定候補も、参列しました。沖縄戦で亡くなられたすべての方々に哀悼の誠を捧げ、平和への誓いを新たにいたしました。

「平和の敵は、忘却である」。これは、私が20代の頃、英国ブラッドフォード大学院で平和学の研究をしている時に、恩師のピーター・ダンカン教授が繰り返し強調していたことです。

「人類の歴史は、戦争の歴史」と言っても過言ではありません。世界では、多くの戦争、武力紛争が繰り返されてきました。日本は、第2次世界大戦後、国家として戦争に一度も巻き込まれずに来ました。「平和主義」を原則とする日本国憲法を堅持し、国益増進の手段として戦争を使わないという立場を、国民、官僚、政治家たちが貫いてきた結果だと思っています。私は、戦後生まれの一人として、戦前・戦中世代の先輩方が、大変な苦労をしながら、日本の平和を守ってきた事実に深い敬意を表します。

しかし、日本の外では、冷戦時代も、その後も、多くの戦争が起こり、多くの人命が失われてきました。これもまた、忘れてはならない事実です。平和学の恩師であるピーター・ダンカン教授は、世界中の「戦争博物館・平和博物館」のネットワークを形成することに全力を挙げていました。私も、教え子として恩師の仕事を手伝い、フランス・ベルダンの第1次世界大戦の博物館や、オーストリア・マウトハウゼンのユダヤ人強制収容所跡などを訪問しました。その衝撃は、今でも鮮烈に記憶の中に刻まれています。

戦争によってもたらされる悲劇と惨禍を、時の経過とともに、人間が忘れてしまう。あるいはその記憶が薄れてしまう。その危険性は、歴史を紐解けば容易に理解できます。沖縄の慰霊の日をはじめとする様々な節目で、過去の事実を直視し、平和への誓いを新たにすることは、極めて大切だと思います。

戦後68年経過した日本では、若い世代の「戦争記憶の風化」が大きな社会背景になりつつあります。若手国会議員の中には、「いざとなったら戦争も辞さない覚悟を持つべきだ。でないと日本はなめられる」などという主張を何の根拠もなく、一種の流行の言葉のように言う風潮があり、私は深い懸念を持っています。

戦争の現場、現実は、生易しいものではありません。私も、直接的な戦争経験はありませんが、人道支援NGOのアドバイザーや国会議員として、戦争や武力紛争の生々しい傷跡が残るイラク、東ティモール、アフガニスタン、パキスタンなどをこの目で見て来ました。

灼熱の太陽の下、イラクのキルクークの町の真ん中にトマホークミサイルの着弾でできた大きなクレーターの中を太田昭宏議員(国土交通大臣)と歩きました。マイナス20度のアフガニスタン・カブールの市街で、自爆テロで吹き飛ばされた建物の中で話を聞きました。多くの紛争地で、傷ついた女性たちや子どもたちに会いました。今の日本の若者が、全く想像することができない、凄惨な現場です。

沖縄の人々は、日本の中で戦争の怖さを一番理解しています。第2次世界大戦末期、白兵戦や艦砲射撃により県民の3分の1の方々が犠牲になりました。日本復帰が27年も遅れた沖縄には、広大な米軍基地が造られ、沖縄の基地から飛び立った米兵たちは、ベトナムやイラクなど世界各地の戦地で戦闘に従事してきました。そして軍事基地周辺の自治体では、事件・事故が数多く起こり、県民の怒りを招いてきました。

沖縄は、戦中戦後を通して、「戦争の現実」を誰よりも肌身で感じてきたのです。この歴史と事実を若い政治家は学び、理解すべきです。

沖縄は、今、自立経済をめざし、新たな時代を迎えました。もはや、経済的に米軍基地の存在に依存する必要性はなくなりました。日本の政治家が、知恵を出し、汗をかき、米軍基地負担の抜本的な軽減を前に進める努力が必要です。

沖縄の皆様に国会に送っていただいた政治家として、そして「平和学博士」として、私がなすべき使命は何か。平和の礎に献花を行い、追悼の祈りを捧げながら、この参議院選挙に挑む決意を深めました。