世界の現場を駆ける
2001年12月 公明党パキスタン・難民調査団として、浜四津敏子団長(党代表代行)、山本香苗参院議員等とパキスタンの北西辺境州ペシャワル郊外にあるカチャガリー難民キャンプを訪問しました。

公明党パキスタン・難民調査団としてパキスタンを訪問する遠山清彦

公明党青年局長に就任
2002年11月 党青年局長に就任。2007年9月までの約5年間、全国の青年議員・党員とともに数々の青年政策を実現しました。

公明党全国青年局長会議で挨拶する遠山清彦

番号ポータビリティー制度の実現に向けて
2003年9月 党青年局を中心に携帯電話の「番号ポータビリティー制度の導入」の署名運動を展開。全国で1000万人を超える署名を集め、総理官邸に提出しました。

福田官房長官人(当時)に846万人の署名を手渡す遠山清彦

国会議員で最初にイラク・サマーワへ
2003年12月 日本の国会議員として一番最初に、イラク・サマーワを訪問。クウェートにて陸上自衛隊派遣予定地の治安状況、支援ニーズを調査しました。

太田代表とともにイラク・サマーワを現地調査する遠山清彦

信頼される日本に
2004年2月 消滅の危機に瀕しているメソポタミア湿原の復元事業を日本政府のイラク復興支援として推進するため、イラン・イラク国境地帯にまたがるメソポタミア湿原を公明党メソポタミア湿原視察団として訪問・調査しました。

公明党メソポタミア湿原視察団としてイラン・イラク国境地帯にまたがるメソポタミア湿原を調査する遠山清彦

誰よりも早く現場へ
2005年5月 スマトラ沖地震の津波による大被害を受けたインドネシア・アチェ地域を現地視察しました。

スマトラ沖地震の津波による大被害を受けたインドネシア・アチェ地域を現地視察する遠山清彦

外務大臣政務官に就任
2005年11月 第3次小泉内閣の外務大臣政務官に就任。2006年9月まで日本国政府の代表として、各国への訪問、要人との会見に臨みました。

日本政府を代表しアナン国連事務総長を出迎える遠山清彦

2006年5月 アナン国連事務総長(当時)を日本国政府を代表して出迎える

第4回太平洋・島サミットに小泉総理と共に外務省を代表して参加する遠山清彦
第4回太平洋・島サミットに小泉総理と共に外務省を代表して参加。沖縄開催を国会にて強く訴えてきた成果が実りました。

東ティモールにて、グスマン大統領と会見する遠山清彦
2006年6月 東ティモール共和国の現状視察。グスマン大統領ほか政府要人と会談しました。

外務大臣政務官としての活動記録は、外務省ウェブサイト外務政務官をご参照ください。

全国の青年局員と共に汗を流す
2006年11月 公明党青年局で地上デジタルテレビ導入における視聴者の負担軽減、IP携帯電話の普及促進・利便性向上への署名活動を全国で展開しました。

地上デジタルテレビ導入における視聴者の負担軽減、IP携帯電話の普及促進・利便性向上への街頭署名活動を行う遠山清彦

さらなる飛翔を誓って
2007年7月 第21回参議院選挙で2期目の当選をさせていただきました。

参議員決算委員会で質問する遠山清彦

法務委員長に就任
2007年9月 参議院法務委員長に就任しました。

参議院法務委員長として、府中刑務所を視察する遠山清彦

参議院法務委員長として、府中刑務所を視察

衆議院議員として、あたらな挑戦を開始
2008年9月 衆院選に九州・沖縄ブロック比例候補として挑戦するため、参議院議員を辞職。2010年4月 神崎武法公明党常任顧問の議員辞職に伴って繰り上げ当選。衆議院議員として、新たなチャレンジを開始しました。

議員バッチをはずして新たなチャレンジを開始した遠山清彦