外国人タレントを日本一抱えるプロダクション社長である、稲川素子さんをお迎えしました。設立当時のご苦労や、仕事に対する姿勢、また、外国人タレントとのコミュニケーションの大変さなど柔らかな口調で語っていただきました。

稲川 素子さんのプロフィール
1934年、昭和9年生れ。1985年、50歳の時に稲川素子事務所を設立され、142カ国、5,300人の外国人タレントやモデルを抱える、外国人登録者数日本一のプロダクションに成長させるなど、メディア業界で新分野を切り開いてこられた方です。また稲川さんは、若いときに病気で中退した慶応義塾大学文学部を2004年3月、70歳で卒業され、今年4月からは東京大学大学院総合文化研究科修士課程に入り、国際社会科学を専攻されている、現役の大学院生でいらっしゃいます。