公明新聞:2009年6月24日

遠山氏ら 恒久平和の実現誓う 沖縄・糸満市
平和の礎に献花する遠山清彦 公明新聞:2009年6月24日
平和の礎に献花する遠山氏ら=23日 沖縄・糸満市摩文仁
 公明党の遠山清彦前参院議員(衆院選予定候補=比例九州・沖縄ブロック)と糸洲朝則沖縄県本部代表(県議)らは、太平洋戦争末期の沖縄戦が終結した日から64年を迎えた「慰霊の日」の23日、最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で、全戦没者の名前が刻銘された「平和の礎」に献花し、犠牲者の冥福を祈り、恒久平和を誓った。
 これには、金城勉、前島明男、上原章、當山真市の各県議と砂川金次郎糸満市議が参加した。
 同公園ではこの日、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が行われ、遺族・関係者ら約4500人(主催者発表)が参加。仲井真弘多県知事は平和宣言で、米軍基地問題に触れ、「目に見える形での負担軽減のため基地の整理・縮小、地位協定の見直しなどを強く訴えたい」と強調した。
 一方、来賓として出席した麻生太郎首相は「負担の軽減に向けて全力で取り組む」とし、「今日の平和と繁栄が戦没者の尊い犠牲の上に築かれている」と述べた。
 「平和の礎」には今年、新たに123人の名前が追加刻銘され、総刻銘者数は24万856人となった。