公明新聞:2008年12月23日

NPO、遠山氏ら
斉藤環境相に要請

斉藤環境相に沖縄のサンゴ保全を要望する遠山清彦 公明新聞:2008年12月23日
斉藤環境相(中央右)に要望する遠山氏(右隣)ら=22日 環境省

 斉藤鉄夫環境相(公明党)は22日、環境省でNPO法人コーラル沖縄の山里祥二理事長らと会い、沖縄市泡瀬地区のサンゴ保全を申し入れた。これには公明党の遠山清彦前参院議員(衆院選予定候補=比例九州・沖縄ブロック)らが同席した。

 山里理事長によると、埋め立て事業が進行中の同地区には、良好なサンゴが多数、生息しているという。同NPOでは10月と11月に、沖縄県・市や企業などと協力して、サンゴの一部を移植している。山里理事長は「サンゴを保全しながら、環境教育などに役立てたい」と訴えた。

 斉藤環境相は「サンゴの保全は大事だ。皆さんの要望を佐藤勉沖縄担当相に伝える」と述べた。

 なおこの日、党沖縄県本部(糸洲朝則代表=県議)としても、内閣府に対して同様の要請をした。