* 小泉首相 国連総会に出席の意向

kikoku.jpg
小泉首相に帰国報告する浜四津代表代行と、白保氏、遠山氏

 公明党国連本部派遣団の浜四津敏子団長(党代表代行)は31日にニューヨークから帰国、直ちに首相官邸に小泉純一郎首相を訪ね、28日から4日間に及んだ派遣団の帰国報告を行った。派遣団の白保台一衆院議員、遠山清彦参院議員が同席した。
 この中で、浜四津代表代行は、ニューヨークの国連本部でアナン事務総長、リザ官房長と会談し、沖縄県への国連機関設置を要請したのに対し、リザ官房長から「十分な検討をしたい。今後も継続して協議する」との前向きな発言があったことなどを報告した。
 また、浜四津代表代行は首相に対し、「沖縄を平和によって繁栄できる地に」と述べ、国連関係者が首相の訪米を楽しみにしていることを伝えた。
 帰国報告を受けた小泉首相は「9月の国連総会に出席する予定」と答えた。
(公明新聞)