公明新聞:2009年5月4日

遠山氏 対策の充実訴える
党大分県本部

大分市で開催された「女性の集い」で講演する遠山清彦 公明新聞:2009年5月4日
女性対策の充実を訴える遠山氏

 公明党大分県本部女性局(吉岡美智子局長=大分市議)主催の「女性の集い」が4月15日、大分市の市文化会館で活発に開催された。これには、遠山清彦前参院議員(衆院選予定候補=比例九州・沖縄ブロック)が出席し、あいさつした。

 集いでは、吉岡局長が「女性の力で国民が主役の政治を実現しよう」と、開会あいさつ。

 遠山氏は、経済危機を打開するために政府・与党が、2008年度第1、2次補正予算と、09年度予算・税制改正に盛り込まれた総額75兆円規模の景気対策に加え、新たに国費15・4兆円を投入する「経済危機対策」を決定したと報告した。

 その上で、75兆円規模の景気対策と経済危機対策には、公明党の主張が数多く反映しているとし、出産育児一時金の増額、子育て応援特別手当の創設、妊婦健診14回分助成、女性特有のがん対策などの内容を詳しく説明。「今後も、党の全力を挙げて、子育て、女性対策の充実を推進していく」と力説した。