○遠山清彦君 委員長、ありがとうございます。
 公明党の遠山でございます。
 日高参考人に一問、それから島田参考人にも一問お聞きをしたいというふうに思います。
 日高参考人にお聞きをしたいのは、今日お配りになっているペーパーの結論の部分にも書かれておりますけれども、いわゆるアメリカ軍が最終的には沖縄及び日本から戦闘部隊がすべていなくなると。これは沖縄県民の立場に立てば非常に歓迎すべき予測になるわけでありますが、しかしながら日高参考人は、同時に、しかし基地は日本に返還されることはないということを言っておりまして、これは恐らく、アメリカ軍としては常時そこにいる必要はないけれども、有事の際、アメリカ軍が必要と思われるときにはいつでも使えるようにしたいと。
 そういう意味で言えば、後方支援部隊とか輸送部隊とか、そういうのは残しておくというようなことで、そういう表現もここにあるとは思うんですが、ただ、戦闘部隊を全部引き揚げていくということを仮に前提といたしますと、逆に、日高参考人は、多くは日本に返還されることはないと言っているんですが、私は、少なくとも半分以上は返還をされても、非常に小さい拠点だけあればそこを有事のとき使うと。当然アメリカ軍は空母等も持っておりますので、そういったもので前方展開をしていく。あるいはRMAの軍事技術の革新によってかなり航続距離の足の長い輸送機等がアメリカ本土から飛べるようになっているということを考えると、基地そのものはかなり大幅に返還されるのではないかと、私は逆に日高参考人の前提でもそう思うんですけれども、その点についてちょっと教えていただきたいと思います。
 それから、まとめて島田参考人にお聞きをしたいのは、私も、沖縄の新しい可能性というところで、一つは観光があるんだろうなと思っております。しかしながら、沖縄に今観光客で来ております五百万人以上の方のほとんどは日本人でございまして、お調べになるともう、多分参考人御存じだと思いますけれども、外国人の数は二十万人このうちいっていないんですね。十万人台にとどまっておりまして、しかも台湾の方が十一万人ぐらいでもうほとんどを占めてしまうという状況で、やはりこれから沖縄の観光の課題というのは、日本全体もそうですが、外国人をどういうふうに観光客として呼ぶかと。
 ここが実は弱いところでして、それとまたセットで、私は公明党の中で、国連機関で沖縄に来たいというところを誘致を進めたらどうかということで、沖縄県の地元の方ともいろいろと話しているわけでありますが、なかなか現実にやろうとすると、沖縄の側自体に国際的な人材がまだちょっと少ないというような点などがございまして、こういうことも含めて、今後どういう可能性を探っていけばいいのか、教えていただきたいと思います。

○参考人(日高義樹君) おっしゃることは非常によく分かるんですけれども、日米安保条約そして地位協定、それから日米間の取決めの中に、使わなくなった基地を返したり、そのための話合いを行うという条項は全くないんですね、まず第一に。
 それから第二に、アメリカの当事者は、軍事基地というのは必要なくなったらそれをそのまま廃棄、閉鎖するというふうに考える人は少ないんですね。つまり、基地は、巨人軍永遠じゃありませんけれども、基地は金さえあれば永遠という人なんです。したがって、香港は百年、九十九年たったら返すという協定ありましたけれども、日本の基地を返すという約束も取決めもシステムもないんです。軍人というのは、基地というのは金があり次第、これはそのまま永遠だと思っているんです。つまり、軍事力で取り返されない限りは。
 したがって、実戦部隊はグアム島に移ります、これは。二〇〇八年以降ブッシュ政権でなくなると言う人いますけれども、私は二〇〇八年以降もブッシュ的な政権が続くだろうと思うんです。それを言い出すと長くなるんですが、つまり今の政策がまず続くと見ていいと思うんです。そうすると、実戦部隊は紛れもなくグアム島に移ります。しかしながら、衛星中継、衛星だとかあるいはラジオ局だとかあらゆるものが、衛生兵だとかあらゆるものがそのまま残りますから。多分、実戦部隊の例のあのコートニーのあの司令部と、あるいは訓練基地、それと第三海兵師団と第一航空団の本隊そのものはなくなります。日本も、第五空軍はなくなるんです。これは政府がそう決めていますから。しかし、先ほど言ったようにいつなくなるか分からぬのです。いつなくなるか分からぬのです。軍人はなくしたくないと思っていますから、更に長引くでしょう。
 つまり、沖縄の基地というのは基本的にはグアムに移る。しかし、沖縄の基地はアメリカ軍は日本に返すつもりはないというふうに御理解されたらいいと思うんです。返そうと、返してもらおうと思ったら、これは日米対立になるだろうと思うんですね。

○参考人(島田晴雄君) 二つほど御質問をいただいておりますが、沖縄の観光客の中で外国人が極めて少ないと、そのとおりだと思いますね。これは実は沖縄だけの問題ではなくて、日本は、皆さん御案内のように、千七百万人も海外に出ていくんですが、ビジネス客含めて日本に入ってくる人は六百万人そこそこなんですね。お隣の韓国と大体同じぐらいの数しか入ってきていない。フランスなんかは八千万人もの観光客が入ってくる国なんですね。物すごくインバウンドの旅行が後れております。
 それは、かつて日本は外貨減らしのために、どんどんどんどん海外へ行って頑張りましょうと、楽しみましょうという時代があったんですね。で、大成功いたしました。これはアウトバウンドと言います。アウトバウンドは、旅行業者がリベートがどんどん入る構造になっているものですから、とてもよろしいわけですね。旅行業をやっているともうかってもうかってたまらないという時代があった。ところが、インバウンドはとても大変なんです。世界じゅうから人を組織して集めて日本に連れてくると。
 ただ、私は、日本の中では沖縄に日本で最強のインバウンドの会社が一つあると思っています。それは沖縄ツーリストという会社で、これは占領時代から実は米軍関係者をアメリカ本土に送るような仕事までしていた会社で、交通公社も、JTBも近畿も、日本に復帰した後、ツーリストに職員を送って勉強したぐらいなんですね。今でもございますけれども。これは、日本の本土に十幾つの支店を持って本土のお客を組織して沖縄にお連れするということをやっている。これこそインバウンドなんです。
 じゃ、どうして日本でそんなにインバウンド、あなたの会社ができたんですかと聞きましたら、日本が外国だったからですよと言われたんですね。この言葉は重いんですよ、意味がね。日本語の通じる外国だったんですね。努力をされたんです。その努力を実は日本の旅行業者がしていないんですよ。
 ですから、ひとつ、インバウンドをもっと頑張れということをやっていただきたいと。ツーリストに比べてJTBだの近畿だのというのは百倍以上の規模を持っておりますから、世界じゅうに展開して世界のお客さんを集めて日本へお招きするということはやろうと思えばできるはずなんです。それをトーマス・クックやなんかにみんな奪われているわけでございます。
 それからもう一つは、コンテンツが弱いんです、はっきり言うと。沖縄のコンテンツ。沖縄がいいか、サイパンがいいか、どこへ行こうかといったら、これはグローバル競争ですから、ほかの地域はむしろ個人的にいろんなディスカウントの航空券が手に入るような地域ですからね。そういうところと沖縄と比べて、沖縄に来なきゃならない理由ってないんですよ、実は世界の方々から見ると。
 ですから、沖縄に来たらこんなにほかの地域ではできない楽しみがあるということは構築しなきゃいけないんですが、たった一つの例を申し上げましょう。宮古島に平良市というのがあって、そこにニイ・ヨン・ノースというスポーツ店がありますけれども、スキューバ店がありますが、そこの渡真利さんという人が、二十トンのヨット、部屋が四つあります、八人乗り込めます。これで世界じゅうへ出ていくわけですね。普通は東シナ海でお客さんを取って一週間、十日の旅をやっています。私も一回乗ったんですけれども、すばらしい旅ですよ。もう天国じゃないかと思われるようなことです。
 この人はアメリカへ行って研究して、そして台湾で船を造らせて宮古島を基地にスタートした。これから豊かな時代になるから何十隻となくそういう人たちが後を追ってくるだろうなと思って七年間やって、一隻も追っ掛けてこないんです。何をやっているのかと、日本の方々は。あれだけすばらしい自然を持ちながら何をやっているんだと。
 それから、沖縄のホテルへ行きますと、三十メートルのところに網が張ってあってそれより先は出られない。ハワイへ行ってみてください。二百メーターぐらいのところに網はありますけれども、それ以上行ったら自己責任です。日本は三十メーター以上先に出られない。足の立つ砂浜より先へ出れないんですよ。そんなホテルにだれが泳ぎに来るかということです。これは、観光客がクラゲに刺されたからと警察に文句を言うからそういうことになると、何をやっているんだと。そんなことをやっていりゃ魅力なんかなくなりますよ、あの島は。
 それからもう一つ、はっきり申し上げますけれども、日曜日に那覇へ行ってください。沖縄郷土料理がほとんど店開いていません。世界の観光地で日曜日に自分の誇る郷土料理がやってない観光地がどこにありますか。はっきり言って、沖縄、怠けていると思いますよ。
 それから、ホテルへ行ってみてください。もっともっと沖縄料理があっていいんです。それがどこの国籍だか分からないような変な料理を並べてお客を集めていると。こんなのだれも興味ありませんよ。沖縄料理がふんだんに出てきて、ここは沖縄なんだというのが示せるような、もう血が躍るような文化を持っているんですよ、沖縄は。なぜそれをもっと本気で言わないんだということで、やっているのは喜納先生だけじゃないかと思うくらいですけれどもね。ちょっとガッツが足りな過ぎる、沖縄の人は、はっきり言うと。
 ああ、もう一つ、ごめんなさい。国際的に人材がいないことはありません。例えば沖縄科学技術大学ってありますよね。あれなんかはもう本当に世界のトップの学者を集めるんですけれども、ちゃんと沖縄であれは私、いくと思いますよ。ですから、本当に国連が必要なのかどうか、国連の何を持ってくれば沖縄にいいのか、本当に真剣に議論したことがあるのかと私は聞きたいと思います。やれると思います、沖縄の方は。