遠山清彦です。本日午後1時半より中川正春防災担当大臣を訪ね、今月上旬からの九州北部豪雨災害支援についての申し入れを公明党として行いました。

私も、先週木曜日から急きょ九州に戻り、大分県竹田市、日田市、福岡県朝倉市、柳川市、みやま市、熊本県熊本市の被災現場を回り、地元の地方議員の皆さんと被災した方々の生の声を聞いてきました。

現場は、報道等で見る以上に壮絶で、床上浸水といっても瓦礫や土砂が家の最奥部まで入り込んでいる様子に、愕然としました。政府は、一刻も早く現地の災害査定を終えて、激甚災害指定の手続きを取るとともに、あらゆる手段で必要な支援を実現してもらいたいと思います。

これから台風シーズンも到来します。とにかく、「スピードが命」「現場第一主義」であらゆる防災・減災、そして被災地支援に取り組んでまいります。

九州北部豪雨災害支援、中川防災大臣に申し入れ – 活動アルバム: http://www.toyamakiyohiko.com/album/archives/2012/07/post_360.html