遠山清彦です。皆様からのご意見を受け、公明党の提案で、政府の記者会見に手話通訳が付きました。

被災地でも公明党地方議員が懸命に救援活動しているとの報告が、党本部に届いています。

昨日、就任したばかりの辻元首相補佐官(ボランティア担当)に会い、一日も早く体制を作ってもらいたい、と直接伝えました。

いずれは「復興支援」に移行しますが、今は「緊急支援」の段階。一番大事なのは、スピードです。一分一秒の違いが人命に影響する緊急事態であることを肝に銘じ、支援に全力を尽くします。

2011/03/17 (Thu) 16:00発信