遠山清彦です。昨日、秋野公造参議院議員ともに、沖縄県西原町の緑繁る小高い丘で、NPOガマフヤーが行っている遺骨収集作業に参加しました。
作業前に日本兵5人の御遺骨を見せていただきました。被弾してうつ伏せの方、自爆したと推察される方、戦争の悲惨さを物語る遺骨に大きな衝撃を受けました。65年前の旧日本軍の塹壕跡を掘り起こしましたが、遺骨収集は大変な肉体労働です。
ボランティアの皆さんに頭が下がる思いでした。改めて「沖縄を世界平和の拠点に」と強く決意しました。