遠山清彦です。少し間が空いてしましました。12日に衆議院に初登院。2008年の9月に参議院を辞職して以来、議員として国会に戻るのは、約1年半ぶりになります。

13日の本会議で紹介いただき、これで手続きは一通り完了です。新たに国会対策副委員長を拝命しました。所属委員会は法務委員会と沖縄北方特別委員会になる予定です。

ただし、私の国会事務所にはまだ何もなく、オフィスもスタッフの体制も一から作り直しています。すべきことが公私にわたって山積している中、多方面からの来客も相次ぎ、あまりの目まぐるしさに若干途方にくれていますが、再び国会に送って下さった皆様への感謝を胸に、一つひとつの作業を地道に進めています。一刻も早く、フル回転で闘える陣形を築きたいと決意しています。

と、まだ落ち着かずにバタバタしている中、さっそく来週22日の午後に、衆議院本会議での代表質問が決定しました。私の質問は、今最もホットな鳩山総理の訪米報告に対するもの。公明党を代表して、核安全サミットと日米関係、普天間基地問題について、ブレてばかりの総理の姿勢を厳しく追及します。

いよいよの衆院デビュー戦が本会議での代表質問となりました。さらに気合い入れて臨みます!