遠山清彦です。皆様へのご挨拶が遅くなりました。投票日の翌朝から、元気いっぱい活動を再開しています。沖縄、九州、東京と激しく移動しながら、挨拶回りを続けています。

「俺はまだ若い。次は、絶対に勝つ!」ただそれだけが、私の胸にあります。今まで以上の闘志がメラメラと燃えています。次の選挙がいつになるか定かではありませんが、その時が来るまで現場を徹底して回り、勉強し、さらに力をつけて、必ず勝利できる基盤を自分中に築いていきます。

さて説明が後になりましたが、周知の通り、8月30日に行われた第45回衆議院総選挙の結果は、自公連立与党側の大敗となりました。九州沖縄比例4位で挑んだ私も、議席確保することはできませんでした。

この大敗の原因は、ひとえに公明党を含む旧連立与党の政治姿勢・取り組み・政策が国民全体の信頼を勝ち取ることができなかったことにあり、私が議席を確保できなかったことは、すべて私自身の力不足です。

昨年秋から約1年、全力のご支援を賜った党員・支持者の皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。皆様の激闘を勝利に結びつけることができず、本当に、申し訳ありませんでした。

しかし、全体の結果は敗北だったとはいえ、猛烈な大逆風の中で、九州沖縄比例ブロックの公明党得票率は15.18%と全ブロックの中で、ダントツの1位であり、特に福岡県は16.58%、宮崎県は16.71%、沖縄県にいたっては17.93%と驚異的な成果を出しました。

大逆風の中で、沖縄県の公明党獲得票数は過去最高の120,095票であり、この結果を見る限り、党員・支持者の皆様がいかに壮絶な戦いをされたかは明白です。大きな歴史を残すことができました。応援してくださった皆様お一人お一人に、心から感謝申し上げます。本当に、本当に、ありがとうございました! 

私は、これからもメルマガを配信し続けながら、今までに倍するような、地道な戦いを展開していきます。どうか、皆様、これからもよろしくお願い申し上げます!