遠山清彦です。報道を見ていると、野党が総選挙を前に野合ぶりをあらわにしてきています。社民党の福島党首は、民主党が「インド洋での給油活動を政権獲得後に当面継続する」と表明したことを厳しく批判。

さらに、鳩山代表が非核3原則の「持ち込ませず」原則についての見直しを示唆したことについても、猛反発しています。そもそも、社民党の党是は「護憲」に対し、鳩山代表は有名な「改憲」論者であり、両者の政策や理念の相違はあまりに大きく、常識的には連立政権のパートナーにはなりえません。

にもかかわらず、民主党と社民党は、衆院選後連立する考えを示しています。それは、仮に民主党が衆院選で大勝しても、参院で単独過半数を持っていないため、安定した政権運営するためには社民党や国民新党の助けが不可欠だからです。

民主党の政治家は私の知る限り、自民・公明の連立を「数合わせだ」とか「野合だ」と過去に批判した方が多いのですが、なんのことはない、自分たちこそ政策や理念の相違を無視して、権力獲得を優先させる姿を現してきているのです。

もし、ここに、最近「建設的野党を目指す」などと言っている共産党までが協力するとなると、政権交代の先には少しもうまくない「ちゃんぽん政権」ができるだけでしょう。

そもそも民主党自体が「ちゃんぽん政党」であることを想起したいと思います。民主党内には、旧社会党のいわゆる左派議員も多くいますし、小沢一郎・鳩山由紀夫両氏に代表される元自民党議員も多くいます。

今は「政府与党に反対!」「政権交代!」の掛け声だけ叫んでいればそれで済むのだろうと思いますが、与党になればそうはいきません。憲法、教育、福祉、外交・安保、あらゆる分野で決断を迫られます。

政治の本質は突き詰めれば「決めること」であることを考えれば、巷間言われているバラ色の政権交代論は「幻想にすぎない」と私は考えます。