遠山清彦です。東京は次第に春の陽気ですが、今朝の本会議で再び日銀総裁人事は野党の「不同意」多数、否決されました。これで、総裁ポスト空席が現実のものとなりました。市場の反応はまだわかりませんが、プラスになるはずはなく、「日本の政治混乱」発の長い景気低迷になるかもしれません。野党を批判してきましたが、日本経済を良くできないという意味で、私自身も一国会議員として国民の皆様に申し訳なく、責任を感じております。