遠山清彦です。国会は予算や税法審議の舞台を参院に移しましたが、空転し委員会が開催できない状態です。野党が、衆院採決が「強行だった」と主張し、審議拒否しています。(参院は野党が多数を占めており、野党議員が出席しないと委員会開催要件の定足数が充たされないため、与党側は苦慮しています。)しかし、衆院での予算および税法に関する審議時間は軒並み例年を上回り、衆院で3分の2の多数を占めている与党側は徹底審議する時間を確保するよう野党に最大の配慮をしたわけで、野党の主張は「ためにする批判」でありパフォーマンスとしか言いようがありません。