遠山清彦です。本日、参院本会議で否決をされた政府提出の補給活動継続法案が、衆院本会議で3分の2以上の多数をもって「再可決」され、成立しました。これにより、海上自衛隊によるインド洋上での補給活動は再開することになりました。これまで何度かこのメルマガで書いたように、9・11同時多発テロの被害当事国として日本は何らかの国際貢献をすべきであり、憲法の枠内で実施できる補給活動を公明党は支持してきました。3分の2の多数による「再可決」も、憲法で認められた正当な手続きであります。