遠山清彦です。臨時国会は本来15日に閉会の予定でしたが、福田総理の決断によってさらに1ヶ月延長されました。14年ぶりの越年国会です。今回の国会延長の最大の理由は、「現在参院で審議されている補給活動継続法案を可決するため」であり、参院第一党の民主党が審議引き延ばしで採決しなくても、60日ルールを使い衆院で再可決できる日数を確保しました。思います。