遠山清彦です。昨日の午後、私が委員長を務めている参議院法務委員会として東京拘置所を視察しました。各党の理事及び委員11名が参加し、死刑が執行されている刑場も視察し、幹部職員とも意見交換をしました。私個人としては死刑制度廃止論者であり、複雑な思いを抱きながらの視察でしたが、委員長として有意義な現地調査となるように心がけました。実際に刑場を見たので、今後委員会審議でも死刑制度について深い議論が行われることを期待しています。