遠山清彦です。福田・小沢会談の大連立構想、そして小沢代表の辞意表明からその撤回にいたるまでの「有権者不在の田舎芝居」(日経新聞)が終わり、国民の多くは大きな政治不信を感じているのではないか、と思います。ある民主党若手議員は、今週の初めに会った時に、「小沢さんには代表続投してもらいたい。あの(辞意表明の)記者会見は、参院選勝利で浮かれている民主党議員に活を入れたかっただけだと思う」と私に説明しましたが、党内に活を入れるのに国民の前でテレビ生中継記者会見を開く必要はありません。