遠山清彦です。今週は、衆院予算委員会を舞台に、本格的な国会論戦が始まりました。予想通り、福田内閣は総理自身をはじめ各大臣が非常に安定感のある答弁をしていると思います。安倍内閣の時は、「政府自身が、政治の最大の不安定要因」(ある政治学者)などと言われてしまいましたが、今はまさに政策中心の議論を与野党で交わしているので、あとは中身の問題です。公明党議員も、国民の目から見て、納得していただける質の高い主張をしていかなければなりません。