遠山清彦です。前回のメルマガで安倍改造内閣について期待を表明しましたが、その後1週間で農相が交代を余儀なくされるなど、政権の求心力は低下する一方です。私は先週末から再び沖縄入りし、同県本部の夏季議員研修会に参加するとともに、県内の企業や個人のご自宅など70ヶ所以上を訪問し、対話を重ねてきました。「実現可能性の低い政策を提示する野党は、いかがか」というご意見も多くありましたが、それ以上に「今の政権与党にもっとしっかりしてもらいたい」という苦言を幾度となく呈されました。国民の感覚とずれていれば、良い政治はできません。いよいよ臨時国会が9月10日、来週から始まります。私は与党の一員として、国民の信頼を回復できるよう、一生懸命仕事に徹してまいりたいと決意しています。