遠山清彦です。長く厳しい第21回参院選挙が終わり、早くも10日間が経ちました。選挙結果の分析や解説が連日のように、各種マスコミを賑わせていますが、比例区候補として戦った私としては、感傷に浸る暇は全くありません。とにかく、ご支持いただいた方々への御礼と、今回の選挙で示された政府・与党に対する厳しい民意を受け止めて、ひたすら仕事をしてまいりたいと決意しております。