遠山清彦です。先日、政府与党が発表した年金関連の新しい対応策の中に「社会保障カード」(仮称)の導入があります。これは、4年後の平成23年度中に実現したいと考えていますが、私は実に画期的な政策だと思っています。簡単に言うと、この社会保障カード一枚で、年金・医療・介護という社会保障サービス全てを利用できるようになるのです。