遠山清彦です。最近、私は時局講演会や街頭演説で年金の話に時間を多く割くようになりました。5000万件の年金の加入記録が宙に浮いた問題について、野党の議員が「消えた年金」などと騒いでいますが、捏造に近い発言で非常に遺憾に思います。年金の加入記録の未統合が、即年金が「消える」ことにはなりません。しかも記録が未統合である背景には、選挙になると野党を応援している社会保険庁職員労働組合の怠慢体質にあることが明白なわけですから、厚顔無恥とはこのことです。