遠山清彦です。選挙が近くなり、私が英国ブラッドフォード大学で取得した平和学博士号(日本人で3人目)について問い合わせが増えているので、ちょっと説明したいと思います。

平和学という学問は、簡単に言えば「世の中から戦争をなくすためには、どうするか」ということをあらゆる角度から研究する学際的分野で、1950年代に欧州で発祥したと言われています。私が5年間大学院留学した英国北部のブラッドフォード大学は、大規模な平和学部を要する大学としては、世界的に著名です。私が在籍当時でも、学部生は120名以上、大学院生も50名以上、教員も20名余りおり、図書館には、大変多くの平和研究関連の蔵書がありました。