遠山清彦です。去る16日、今通常国会初めての「党首討論」が行われ、私も国会事務所で仕事をしながら拝見しました。民主党の小沢党首がずっと党首討論を逃げ回っていた問題は、最近マスコミでも頻繁に報じられており、その世論の圧力に負けてようやく出てきた感じがありありでした。「政権交代」をいつも叫んでいる政治家にしては、淡々とした、「国民に強くアピールしよう」という意気込みがあまり感じられない内容で、拍子抜けした国民の方もいらっしゃるのではないでしょうか。