遠山清彦です。昨日、『太田光の私が総理大臣になったら』(2月2日午後8時日テレ系局で放送予定)という番組(私は今まで一度も観たことがない・・・)の収録に参加してきました。政治家だけで9人、その他芸能人のゲストも入れると全体で20人以上の出演者で、賞味40分の番組を作るための討論は結構大変でした。(それでも、相変わらず私は話したほうですが・・・かなりカットされるのでしょうが。)

編集されて放送される中身がどのようになるのか、想像もつきませんが、討論内容は意外に「まじめ」でした。政党のあり方について様々な角度から議論しました。その中で支持率の話題も出ました。今朝の新聞を見ると、安倍内閣の支持率がさらに下がって4割を切ったというところもあるようです。今の国民の政府を見る目は厳しい――そのことを連立政権の一員である私たち公明党議員もしっかり認識して、まもなく開会となる国会での質疑に力を入れていかなければならないと気を引き締めています。