遠山清彦です。すでに報道されている通り、与党幹部間の調整の結果、明年の参院総選挙の日程がほぼ固まったようです。7月5日(木)公示、7月22日(日)投票となるとのこと。投票日まで、今から約7ヶ月弱となります。長いといえば長い準備期間です。しかし、1議席あたりの票の重みが100万票以上といわれる比例区選挙について言えば、激しい選挙戦を展開せざるを得ない「短期間」と見るのが妥当です。これから一日一日を大切にしながら、7・22目指して真剣に戦っていきます。