遠山清彦です。11月の沖縄県知事選挙で与党が推す知事候補が勝利したことは、沖縄のみならず日本の国政全体に大きな影響を与えました。野党共闘(もともと表面的でしたが)で「今年最大の政治決戦」(小沢民主党代表)に敗れたため、その後の野党の国会対応はちぐはぐで迫力もなく、政府与党側は余裕をもって充実した審議時間を取り、重要法案を全て成立させることができました。「一地方の知事選でも、こんなに影響があるのか」、と私は改めて民意を問う選挙の重みというものを実感しています。やはり、選挙はやるからには勝たなければなりませんね。私自身、明年の参院選候補として決意を新たにしました。