みなさん、こんにちは。東京は、ようやく秋らしくなってきました。特に夜は涼しくなって、汗かきの私はかなり助かっています。(しかし、冬はウォーム・ビズになるのでしょうか?)

<通勤電車の中で>
今朝も地下鉄丸の内線の電車に乗って「荻窪」から「国会議事堂前」まで通勤しました。電車に乗ると、どうしても周囲の人たちの行動が気になるわけですが、最近私が感じていることが何点かあります。

ひとつは、昔にくらべて「マンガ本・雑誌」を読んでいる人が少なくなったことです。私が大学生だった頃(15年ほど前)は、電車に乗るとマンガ雑誌を読んでいる人が非常に多くいた記憶があります。当時、自分も自宅では流行のマンガを読んでいたのであまり文句を言うつもりはありませんが、それでも立派な大人がスーツを着て堂々と電車の中でマンガを読んでいる姿はあまり快い光景ではありませんでした。この光景は、最近なくなりました。(ただし、路線によっては、まだあるのかもしれませんが。)