みなさん、こんにちは。郵政民営化をめぐる国会の攻防が激しくなってきました。

<否決か可決か五分五分の情勢>
連日テレビや新聞で報道されていますが、今参議院の郵政特別委員会で審議されている郵政民営化法案が参院本会議で可決されるか否決されるかが最大の焦点になっています。与党の複数の幹部はマスコミで、「五分五分だ」と言っておりますが、私も同感です。安易な票読みはいけませんが、やはり自民党内でも10名前後の方々は誰が説得しても反対の意思が固いようですので、18票の造反で否決されうることを考えれば情勢はきわめて厳しいと思います。