みなさん、こんにちは。

<宮城・福岡の補欠選挙について>
先週日曜日の宮城・福岡での補欠選挙、与党の2勝0敗という素晴らしい結果となりました。与党候補を応援していただいた党員・支援者の皆様、本当にありがとうございました。

5年前に公明党が政権与党入りした最大の理由の一つが、「政権の安定化」でした。やろうとする改革がドラスティックであればあるほど、政権基盤は安定していなければならず、それを公明党が提供することが国益にかなうという判断です。

各政党には様々な哲学や背景がありますが、究極的に「国民全体のために政治をする」という点では一致できます。今日本政治は、連立の時代です。組み合わせの変化はあり得ますが、まずは今各政党が置かれた立場で何をすることが国民のためになるか、そこで真剣勝負するしかないと思います。与党・公明党は、選挙で勝ち、国民との公約を果たす責任感を常に忘れず、前進あるのみです。