みなさん、こんにちは。今年の冬は、風邪を一度もひくことなく、無事元気に戦ってきましたが、ここに来て気のゆるみからか体調不良になりました。久しぶりに風邪薬にお世話になっています。しかし、最近の天候は寒暖の差が激しく、変ですね。

参議院も3月に入り、予算委員会を中心に動き出し、まもなく私が所属する厚生労働委員会などの常任委員会でも本格論戦が始まります。今日は、2月22日の決算委員会でODAをテーマに参考人質疑した際の国会論戦を配信させていただきます。この中で私はコスタリカであったODA事業の不正問題を取り上げました。外務省の局長の答弁もいただき、調査するとの言質をとりましたので、今後の推移を慎重に見守りたいと思いますが、それにしてもひどい話です、これは。私は基本的にODA推進派であり、日本はODAを通して非常に重要な国際貢献を積み重ねてきたとの立場なのですが、こういうことがあると応援しにくくなり、困ります。外務省、JICA、そして民間の開発コンサルタントの真摯な改革を強く望むものです。