みなさん、こんにちは。最近、朝の冷え込みがきつく、起きても布団から出るのが大変ですね。私は今朝は、思わず寝起きに「エキスパンダー」を20回やって、体を温めました。(寝起きのトレーニングは、体によくないそうですが・・・)

<今年は介護保険法改正の年>
さて、前回少子高齢社会についての私の意見を述べましたが、色々反響がありました。ご意見をお寄せくださったみなさん、本当にありがとうございます。他にも大事な論点があると思いますので、これからも折に触れて書いてゆこうと思います。

今回のテーマは、介護予防です。公明党は昨年の年金改革にメドがついた直後から、介護予防について様々な提案をしてきましたが、今年の通常国会で予定されている介護保険改革の中に相当反映されています。5年前にスタートした介護保険制度は、市町村が主体となって行う高齢者向けの介護サービスですが、今日までのところおおむね順調に行っています。ただ、順調すぎるというか、利用者がどんどん増え、このままの傾向が続くと、介護保険財政が厳しくなり介護保険料(各自治体ですでに保険料は違いますが)の上昇を招いてしまいます。