みなさん、こんにちは。国会論戦がいよいよ本格化してきました。今日から衆院での 予算委員会が始まり、野党第1党の民主党は、代表の菅氏が質問に立ちかなり盛り上 がる審議となったようです(私もその時間帯忙しくて3分の1くらいしかみていません)。

与党の一員として若干悔しいのですが、今日の予算委員会の総理の答弁はいただけな い内容でした。菅氏は予想通り、小泉総理の総裁選時の公約が現在破られていること を追及してきたわけですが、総理はやや感情的になって「この程度の約束を破ったっ て、たいしたことない」というニュアンスの発言(失言?)をしてしまいました。経 済再生がなかなか進まない中で、誰が総理大臣でも苦しい答弁になるのはわかります が、民主党だって経済政策は一枚岩ではないのですから、そこを鋭くついてほしかっ たです。