みなさん、こんにちは。まだ鼻かぜの遠山です。

国会の審議進行がまた遅くなってきました。非核3原則をめぐる政府首脳の失言や、 防衛庁の個人情報リストに関する調査が進み、以前発表していたよりも多くの人数に 回覧されていたことや新たなリスト作成の事実が公表されたため、不信感が広がって います。公明党の参議院側としては、さらに、いったい衆議院の方で、どの重要法案 をどういう順序で決めるのかはっきり提示してほしいという思いが強いのです。報道 なんかでもそうですが、なんだか「衆議院さえ通ればいい」という印象を受けるのです が、とんでもないことです。参議院の審議時間が確保できなければ、継続審議になら ざるをえないのですから、そのことも勘案して衆議院の与党執行部は対応していただ きたいと思っています。