みなさん、こんにちは。

今朝は8時から公明党の外交安保部会があり、そこで瀋陽の事件について再度外務省 から報告を受けました。私は苦言を呈し、外務省の猛省を促しました。何しろ、亡命 の意図を書いた英文を副領事が見ていたことや、今朝の新聞では他の副領事が連行後 に中国当局に電話していたことなど、外務省の報告書に記載されていない、しかし重要な、事実が次々と発覚しているのです。外務省の「隠ぺい体質」には、ほとほとあきれざるをえません。