みなさん、こんにちは。

目まぐるしい毎日です。最近時間に追われることが多くなってしまったので、急に落ち着いた文学作品を読みたくなり、以前「一度読んでみよう」と思っていた山本周五郎の『ながい坂』という小説を、移動中や就寝前などに読むようにしました。上下で900ページ近くの大作(山本の最後の長編小説)だったのですが、あまりにも面白く、人生・社会・政治への示唆に富んだ内容だったので、1週間で読了してしまいました。最近、役所の資料ばかり読んでいて小説から遠ざかっていたせいもあるのかもしれませんが、『ながい坂』は今まで読んだものの中でも(個人的には)最高峰の作品と感じました。