みなさん、こんにちは。今週はとりわけ多忙で、なかなか書けず申し訳ありません。

たった今参院本会議が終わりました。今日は野党4党が共同で武部農水相の問責決議案を上程しましたが、われわれ公明党議員は採決には欠席しました。その結果、決議は否決されました。今回の公明党の一連の対応に対し、マスコミでは「腰砕け」だとか「連立(権力?)にしがみついている」などと批判しています。そういうとらえ方もあるでしょうし、それは自由です。しかし、私は「当事者」として、今回の問題を簡単に説明できます。